「財政の健全化」動画で語る新しい宇佐市へ #06

宇佐市長選挙 立候補者ごとうたつやが語る、宇佐市の財政を健全化させる方法

SNSで共有

Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on email

こんにちは、宇佐市長選挙立候補者ごとうたつやです。

私の考える「新しい宇佐市へ」の政策の中から、「財政の健全化」について、2つのポイントに絞ってご説明します。

公共事業の見直し

実は宇佐市では今、財政が大きく圧迫されております。
その理由のひとつに、多くの大型公共施設、いわゆるハコモノがたくさん建ってきている事が挙げられます。

これからは予算の使い方を変えていかなくてはいけません。
必要なもの、作るべきは作る、しかし削るべきものは削っていく。

公共事業をひとつずつ、しっかりと見直してまいります。

ふるさと納税の推進

残念ながら宇佐市は現在、納税額が大分県内でも下位に沈んでいます。
この解決策のひとつとして、「ふるさと納税の推進」を掲げます。

市として、商品がより魅力的に見えるよう、またインターネット上でのプロモーションなどにしっかりと取り組んで参ります。

目標額としてはまず5億円。10年後に20億円を目指していきます。
またその納税額の半分は、独自財源として活用することが可能です。

「財政の健全化」まとめ

公共事業の見直しにより、財政の支出を見直し、また、ふるさと納税の推進により、収入を増やします。
これによって、宇佐市の財政を健全化していきます。

応援、よろしくお願いいたします。

最近の活動報告