柳ヶ浦駅周辺開発について

SNSで共有

Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on email

平成28年6月の宇佐市議会におきまして、ごとうたつやは以下の内容について質問に立ち、ご回答を頂きました。
その内容について、以下ご報告いたします。

質問1:本年度、整備基本計画が策定されるが、今後のスケジュールはどのような内容か。

回答:JR柳ヶ浦駅周辺整備に関しましては、平成26年度より構想の策定に着手し、市民ヒアリングを通じて駅周辺を取り巻く現状や課題、要望など市民ニーズを把握した上で、関係機関との調整を行い、学識経験者や鉄道事業者、関係行政機関の代表者で構成するJR柳ヶ浦駅周辺デザイン検討会議でご審議いただき、本年3月に取りまとめることができました。

現在は、その基本構想の実現に向けて、具体的な整備内容を定める基本計画案を作成しており、本年度中の策定を目指しております。
その後は、国の補助金を受けるための事業計画となる都市再生整備計画の策定や基本設計、実施設計等を行うこととしております。

質問2:再開発に際し、駅名の改称を協議すべきでないか。

回答:市民ヒアリングの中でも、駅名の改称に関するご意見をいただいておりますが、一方で「柳ヶ浦」の地名を残してほしいというご意見もいただいております。

また、最近の事例を見ますと駅名の改称には、運賃表示板や列車運行管理システムの改修等に多額の費用が掛かっていますので、ワークショップ等の中で市民の皆様のご意見を伺った上で、総合的に判断したいと考えております。

最近の活動報告