柳ヶ浦-上拝田線の工事進捗について

SNSで共有

Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on email

平成30年6月の宇佐市議会におきまして、ごとうたつやは以下の内容について質問に立ち、ご回答を頂きました。
その内容について、以下ご報告いたします。

質問:柳ヶ浦-上拝田線について、当初予定より工期が遅れている状況である。県の進捗に合わせるのでなく、市が整備する区間を早めに着工、整備するべきではないか。

回答:県が県道和気佐野線との交差点から柳ヶ浦高校前を経由して自動車整備工場手前の交差点までの区間を整備し、市がその先の航空隊踏切を経由して県道中津高田線に接合するまでの区間を整備しているところであります。

現在、県の用地買収の進捗率は約90%であり、工事につきましては「宇佐空の郷」の交差点から柳ヶ浦高校正門前までの整備を行っているところであります。
市の用地取得の進捗率は71%で、工事につきましては、昨年度より航空隊踏切周辺の水路工事に着手したところであり、平成31年度には自動車整備工場の交差点から踏切までの施工と、残りの用地買収を行う予定であります。

また、航空隊踏切の工事につきましてはJR施工となるため、今年度よりJR九州と協議を行うこととしております。

本路線については用地取得の遅れに加え、国費予算が要望額に対し3割程度と非常に厳しい状況であり、完成年度に遅れが生じているところであります。
市としましては、精力的に用地交渉を進めるとともに、国等へ要望しながら事業推進を図ってまいります。

最近の活動報告