豪雨時における駅館川の安全対策についての質問と回答

SNSで共有

Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on email

平成30年9月の宇佐市議会におきましてごとうたつやは、豪雨時における駅館川の安全対策について質問しました。

質問:災害対策について、駅館川河口部に於ける河床の土砂堆積、中流~下流にかけての雑木の繁茂等、豪雨による増水、決壊が懸念されている中、早急な対策が必要ではないか。

回答:駅館川につきましては、管理している宇佐土木事務所が、計画的に堆積土砂の撤去や雑木処理を行っております。

計画によりますと、平成25年より10カ年計画となっており、本年度は上田橋上流より辛島井堰までの間、約650mの雑木処理を行い、来年度以降平田井堰までの工事を行っていくとのことです。
なお、議員ご指摘の駅館川河口部付近につきましては、江須賀地区の河川断面を阻害している支障木の撤去を本年度行っていると伺っております。

市としましては、できるだけ早期に整備が完了するよう引き続き県に要望してまいります。

最近の活動報告