「安心で安全な街づくり」動画で語る新しい宇佐市#03

令和3年大分県宇佐市長選挙立候補者ごとうたつやが動画で語る「新しい宇佐市」から、「安心で安全な街づくり」について説明します。

SNSで共有

Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on email

私の考える「新しい宇佐市へ」の政策の中から、「安心で安全な街づくり」についてご説明いたします。
大きく分けて3つのポイントがあります。

新型コロナウィルス対策

まず一つ目は何と言っても、皆さまの生活に不安の影を落としている新型コロナです。
この対策が急務であると考えています。
安心して毎日を過ごして頂けるよう、正確で素早い情報発信が必要だと考えています。

またPCR検査、そして抗原検査と併用し、新型コロナウィルスを未然に防ぐ取り組みも、しっかりとしていきたいと考えています。

その新型コロナウィルスにおいて、中核的な役割を果たす医師会病院。
老朽化しておりまして、ここ十年来の懸案事項であります。
その建て替えも、市としてしっかりとサポートしていきたいと考えています。

そのようにして、持続可能な医療体制を作っていくため、各方面との連携をしっかりと進めて参りたいと思います。

防災・減災の取り組み

大分県は全国的に見ても、決して自然災害が少ない地域ではありません。
何年かに一度、地震や水害などの被害が発生します。

災害の発生時に、いかに市民の生命・生活また財産を守るか。
そのための取り組みを、平時から進めておかなくてはいけません。

避難場所の開設・運営。
また被害の速やかな復旧、普段の生活へ戻るための支援。

準備しなくてはいけないことは、たくさんあります。

防犯への取り組み

現在宇佐市には、防犯灯や防犯カメラが少ない状況にあります。
これらを増設し、皆さまがもっと安心していただける街づくりに務めて参ります。

安心で安全な街づくりまとめ

  • 速やかなコロナ対策
  • 防災・減災の取り組み
  • 防犯への取り組み

この3つが私の考える、「安心で安全な街づくり」であります。

安心して暮らせる街でないと、人がどんどん減ってしまい、街が廃れてしまいます。
「宇佐は安心して暮らせる街だね」と思って頂けるよう、全力で取り組んで参ります。

応援、よろしくお願いいたします。

最近の活動報告