「子育てを全力で応援」動画で語る新しい宇佐市#02

SNSで共有

Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on email

私の考える「新しい宇佐市へ」の政策の中から、「子育てを全力で応援」についてご説明します。

出産祝い金の大幅増額

現在は5万円。第3子以降は2万円を加算してお祝いしています。
私はこの出産祝い金を10万円に。第3子は50万円、第4子以降は100万円へと、大幅に増額したいと考えています。

現在の少子高齢化は本当に深刻な状況です。
これくらい思い切った政策を打ち出さねば、この流れを止めることは出来ません。

18歳以下の医療費を無料に

子どもたちを健康に育てていくには、安心して医療が受けられる環境を整える必要があります。
体調が悪くても、お金がかかるので受診を控える。そんなことがあってはなりません。

18歳以下の医療費を無料にすることで、こどもには健康な生活を、保護者の方には安心した生活を送って頂けるようになると考えます。

放課後児童クラブの拡充

保護者の方が働きに出ていて、放課後は家に帰っても誰もいない。
そういう児童に対して、学校や公民館などで過ごすための枠組みです。

現在は利用したくても出来ない待機児童がおります。
児童の健全な育成、また保護者の方には安心して働いて頂く、そのために放課後児童クラブを拡充し、より利用しやすくします。

「子育てを全力で応援」まとめ

  • 出産祝い金の大幅増額
  • 18歳以下の医療費を無料に
  • 放課後児童クラブの拡充

この3つのポイントで、子育てがしやすい宇佐市を実現いたします。

「新しい宇佐市」の実現のため、皆さまの応援を、よろしくお願いいたします。

最近の活動報告